11月, 2016年

出会いがほしい!夢見る夢子の正夢

2016-11-17

出会いがほしい!そういいつづけて早数年(汗)このままでは彼氏どころか結婚もできない(涙)でも自分から気になる人や、よく会う人に声をかけられるほど積極的でもないし・・どこかいい出会い転がってないかなー道でバッタリパンを加えながらぶつかるとか・・とかそんなくだらない出会いを夢見る夢子さんな私なのでした。
ところがそんな夢の様が出会いが現実に!!ある日何気なく人混みのなかを歩いていたらヒールが折れてしまって思わずよろけて倒れこんでしまいました。
隣を歩いてたスーツ姿のお兄さんを思わず掴んでしまってアタフタしながら「ごめんなさい!」を連発しまくりました。
ヒールが折れてころんだことも恥ずかしかったし、知らない人にとっさにとは言え、すがりついてしまったことにも恥ずかしくてもう穴があったら逃げこみたい気持ち(泣)でも、その男性は優しく「大丈夫ですか?折れちゃいましたね。
歩けますか?」と優しく声をかけてくれました。
とにかく恥ずかしかったんですけど、親切が嬉しかったこともあって思わず涙目に。
それにおもったより足をおもいっきりくじいてしまってとにかく痛かったので「メチャクチャ痛いです」って笑い泣きで言ったらその彼が「それは大変ですね。
どこかで休んだほうがいいですよ。
付き合いましょう」と親切な言葉をかけてくれました。
え?いいの?とか思いながら親切心と軽くショックから立ち直った下心でこんな夢みたいな出会いを手放してたまるか!なんて考えちゃいました(笑)そのまま近くの喫茶店に入って少し世間話をしてお礼を言って別れたのですが、別れる前にこんな偶然なかなかないんだから勇気だそう!って決めて連絡先を聞いちゃいました!今度お礼させてくださいって言ってデートを申しこんでみる予定です!

出会いカフェで出会った彼はいい男でした。

2016-11-17

私が最近経験した異性との出会いは男性とお茶をしながら時計回りに回って気があう人を探すといういわゆる婚活と出会いのような微妙なものですがそこで出会いました。
そこは、ドリンクが飲み放題で女性は600円を払えばいくらでもいていいシステムなので私にはリーズナブルに出会えました。
そこでは私が二時間くらい話した時に今頻繁に連絡している彼と出会いましたが最初はここまで仲良くなれるとは思っていませんでした。
ああいう所で出会った人は私以外にも連絡をしている男性や最初は話があっても、話していくうちに話が合わなくなるということも多いんです、そんな時に出会った彼は毎日朝8時になるとラインをくれます。
「おはよう」から始まるんですがそれが中々出来ない男性が多く、男性は自分から求めてばかりで特に自己中の人は自分だけ「可愛い子に癒されたい」という願望が強い人も結構あそこの場では多いんです。
そんな中彼は、「おはよう」「昼休み?お疲れ」など気遣いもしつつ連絡がマメで話が面白い所は今まで出会った男性の中で一番いい男。
最近男性疲れをしていた私にはすごく感動するような出会いでもありました。
彼と最初にデートに行った時、いい雰囲気の落ち着けるカフェでした。
だからと言って硬い話でもなく自慢話、薀蓄もないどうでもいいような話題で盛り上がる事が出来ました。
その時のデートはお酒が飲めるような場所に行かなかったし私も飲めなかったので特に気にはならなかったのですが、彼が「お酒飲めないなら美味しいご飯のお店これから見つけよう」って言ってくれて「優しいな」って心が温かくなりました。
彼とそんな初デートをして私は完全に彼に惚れたし、彼はさらに私にラインをくれるようになりました。
今では朝起きると彼から「おはよう」そして私からも「おはよう」と会話してからの出勤が当たり前になっています。
いい出会いができて最高でした。

出会いがないのではなくて、出会いを受け入れないだけ

2016-11-17

私はずーっと、出会いがないと思っていました。
異性のお友達もたくさんいるし、プライベートでも仕事でも沢山の人々と交流をしていました。
でも、それは友人であり、仕事仲間であり恋愛に発展する出会いにはならなかったのです。
なぜなら、私自身の中に「出会いたい」という気持ちの深層に「もっと成長したい」そのための損得勘定があったからです。
「理想が高いんだよ」とか、「出会いたい気がないんだよ」と言われても本人は全くピンときません。
頭でわからずとも半ば強制、環境の変化で私も変わりました。
仕事のプロジェクトで、ものすごく人口の少ない地域に2年間いったのです。
そこでは、村民ともあまり触れあうことなく各会社から来ている同業者たちとの交流の日々。
少ない人数でほぼ毎日を不便な慣れない環境で過ごしているうちに今の夫と出会いました。
よく周りには「弱っているところを支えてくれた、あるあるパターンだね」と言われますが、その通りで、しかもその選択は私にとって正解でした。
きっと沢山の人々がいる中では、選り好みをしてしまうんでしょうね。
理想の人かと聞かれれば、もっともっと素敵な人は沢山いるかもしれませんが私はいまの夫と一緒になってよかったです。
好きになってから結婚したというよりは、結婚してからどんどん好きになっている感じです。
その後、子供も授かり一緒にたくさんの時間を過ごせる相手が増えて更に心に温かいものが満ちています。
本当は『出会っている』のだけれど、きっと『出会いを受け入れていいないだけ』ってけっこう多いのではないでしょうか。
一人暮らしが長くなると、自分のペースが出来上がるのでなかなか違う人生を生きてきた人をテリトリーに入れにくくなります。
私は完全に遮断していましたね。
人の少ないところに、強制的に自分を置くのも良いかもしれません(笑)

出逢いは何処で訪れるか分からない

2016-11-17

異性の人との出会いは本当に少ない人は少ないですが多い人はもの凄く多いです。
私の場合、出逢いは多いと思います。
高校生までは共学なので絶対に異性には出逢います。
そこで好きな人が出来たり、彼氏が出来たり、憧れの先輩が出来たりと出会うきっかけは様々ですが必ず出会います。
学生の時からずっと一緒の人を好きになり彼氏になり旦那さんになった友達もいます。
凄く素敵な話だと思います。
私も少しそれには憧れていますけども、なかなか上手くはいかない物ですね。
学生から社会人になったら本当に出会いは少なくなります。
紹介は自分の友人が世話焼きの人や会社の人でいい人が居るなどしかありません。
紹介では今まで関わってきた友達との出会いが一番大事だと思います。
なかなか紹介で上手くいくことばかりではないので大変かもしれなせん。
合コンといった場面も若いうちには沢山あると思います。
私もそうですがそこにタイプの人はいませんでした。
理想が高くなっとりするし、常識無い人はいやだとか多いと思います。
出会いは凄く多いのですが彼氏はなかなか出来なせんでした。
出会いが多い理由は誘いには断らない事です。
そして、一人で旅に出る事がおすすめです。
私も知らない土地で少しだけ生活してみました。
何も分からないし、近所の方に聞く事は出来るのでどんどん話かけたり違う土地に遊びにいったりとしていくうちに向こうから話かけてくれたりとコミニュケーションがとれて連絡先を交換したりしました。
少しの期間でも出会いに行くのではなく知らない事を知りに行く事で異性の方と出会う頻度が増えるという事です。
私も、彼氏がなかなかできなかったですが、私情で職場を変わりそこにいた自分よりも4個も若い子と付き合うようになりました。
社会にでればいろんな年齢層もいますので上の人ばかりではなく下の人とも関わりを増やしていけば出会いも今以上に増えて行きます。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.